6歳までに学習意欲が決まるって本当?

子どもさんと学習意欲と年齢

子どもさんの学習意欲は6歳でほぼ決まる

まず最初に、なぜ子どもさんの学習意欲が6歳までに決まってしまうのかということに関して、ほんの少しですがご説明させていただきます。 もしかしたらこの説自体を今回初めて聞いたという方もいらっしゃるでしょう。 それにはちゃんとした裏付けもあったのですよ。

6歳で決まったらその後はどうなるか

続いては、学習意欲が6歳で固まったその後は一体どうなっていくのかということに関して触れていきたいと思います いざその子どもさんの学習意欲が決まったとはいえ、どのような効果や現実があるのか気になりますよね。 また、日本以外の国の現状もついでにお話したいと思います。

どういったところに行けばいいのか

最後になりましたが、実際にわが子に教育を施すには、どういった場所や教室に通わせればいいのかについてお書きしたいと思います。 世の中にはたくさんの教室がありますが、どれがいいのかなんてなかなかわからないですよね。 そんな方でも、ご理解いただける内容だと思います。

学習意欲が6歳で決まる理由

小さな子どもさんをお持ちの親御さんにとっては、子どもさんの教育や習い事をどうすればいいのかが結構頭を悩ませることだと思います。

もしかしたら、「習い事や塾なんて小学校に上がってからでもいいわ」とか「小さいころは自由に遊ばせてあげたい」なんて思われている方も一部にはいらっしゃるでしょう。
そんなのんびりしていたら、あっという間に時は経っていきますよ。

実のところ、子どもさんの学習意欲が固まっていくのはなんと6歳までという親御さんが思っている以上に早い時期にやってくるのです。
これは医学的にもきちんと証明されているのです。
そういった背景もあり、いくら遅くても小学校入学までにはある程度の勉強をさせているという親御さんも増えていっています。
それが子どもさん本人のためでもありますので。

ここまでお話しても、「本当にそんなに小さいころから勉強するのって必要なの?」とか「子どもにそんな小さいころから負担をかけたくない」なんて思われている方もいらっしゃるでしょう。
必要だからこそ、お話しているのです。

そこで今回このコラムでは、6歳までで子どもさんの学習意欲が決まるその根拠や背景、そしてその後の人生にどのように繋がっていくのかについてお書きしたいと思います。
また、子どもさんや親御さんにオススメの教室やさらには諸外国の状況についても触れていきたいと思います。

もはや6歳までの教育でその子どもさんの人生が決まると言っても過言ではないので、親御さんは真剣に考えてあげましょう。