>

6歳で決まったらその後はどうなるか

お受験の成功

一番の特徴は、さまざまなお受験の成功です。

実のところ、6歳までにだいたいの教育は終わっているのです。
小学校1年生のときに成績が良かった子どもさんは、小学校6年生になってもほとんどの子どもさんは良いままなのです。

どういう意味なのかと言いますと、学習意欲は一旦固まるとずっとそのままだということです。
子どものころだけでなく、大人になってもそれは変わりがないのです。
なので、小学校のお受験に成功する子どもさんは、中学校や高校のお受験にも成功出来るようになっているということなんです。

三つ子の魂百までという言葉があるように、小さいころからの教育や習い事をさせるということもあながち間違っていないということですね。

諸外国の状況

ここ数年、日本では子どもさんが小さいころからいろんな勉強をすることに力を入れていますが、他の諸外国ではどうなのでしょうか。

実は諸外国では、そのやり方はかなり昔から行われていました。
ほとんどの国では、幼稚園に行く前の物心がついたときから、もっと早いところなんかなんと0歳から始まっています。

どのようなことをしているのかと言いますと、いろんなスクールに通わせたり、家庭教師を雇って教育するなど、正直言って日本よりもはるかに進んでいます。

しかも驚くことに、政府も教育に力を入れるのは賛成なのでそのほとんどが無料だということです。
そのため、子どもさんが生まれたら当たり前のようにその計画を立てていっています。


この記事をシェアする